いつまでも間違った美容対策を続けていくのはもう終わりにしませんか?また対策方法を変えてみませんか?
難しい美容対策だからこそ正しい知識が必要ですし、正しい対策方法が必要となってくるのです。 SBCでは高級ヒアルロン酸レディエッセを注射リフトを行う時には、1〜2本使用することとなります。
クリニックで使用しているヒアルロン酸はいくつかの種類が用意されていますので、事前に確認をしておきましょう。

 

お肌全体にハリが出て若返りを実感することがき、水のようにとっても柔らかいヒアルロン酸を頬に対し万遍なく注射します。
SBCではQ-MED社のレスチレンビタールライトを使用していますので、非常に高い効果を期待することができます。簡単に若返りを図りたい方と思っている方も多く、手術をすることに対して抵抗を持っている方もいるでしょう。
メスを入れるような大きな美容整形を選ぶ必要が無くなり、プチ整形を選んで気軽な美容が人気です。



注射リフトは品川にある優良美容外科を利用ブログ:2020年01月28日

人は「習慣」の生き物であることが、
最近の脳科学の研究でも解明されているそうですが、
読者様、ご存知でしたか?

わしたちの体は、ある事象を一度体験してしまうと
それが「当たり前」になり、
それを繰り返していくうちに、習慣となり
「やらないと気が済まない」ようになるのだそうです。

しかも、
「悪い習慣」ほど人間の本能的な快楽に近いので、
習慣化しやすいのだとか…

この「習慣」を「食べること」と結びつけるとどうなるか?

例えば…
ヒレかつ定食を食べに行った時、食後の果物として、
ケーキやアイスクリームを食べて
脳がその時の状態を「美味しい」「幸せ」と認識してしまうと、
「食後には果物」
という「習慣」ができてしまうわけです。

そして、
何度も食後に果物を食べる習慣ができてしまうと、
今度は「食後に果物を食べないと不幸」
という認識になってしまうんですね!

同じように
「18時になったらおやつを食べる」
「寝る前におやつをつまむ」
「深夜番組を見る時にはおやつが手放せない」
というのも、
最初は太郎と一緒の時とか
ホンのちょっとしたきっかけで始めたことが
習慣化された結果です。

こんな習慣は、
ダイエットにとって、大敵としかいいようがないですよね。

しかも
脳は一度「快感」と感じたことは
繰り返し求めるんだそうです!

脳のこんな癖に気付かずに、
この「快感」に溺れてしまうと、
やめることが難しくなってしまうんです。

ですから、
習慣化する前に、
「悪い習慣」はやめる、
もしくは「最初からやらない」ようにしましょう。

「最初からやらない」ことが最もラクな方法だと、
わしは思うんですが…

おしまい!!!

このページの先頭へ戻る