悩みのニキビ跡の治療についてのお役立ち情報をご案内しています。
皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療

皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療



皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療ブログ:2017年05月05日


みなさま
家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

「俺って水を飲んでも太るのよね~」
と言う人をよく見かけますが、
むくみなどの場合を除いて、水で太ることなんてないんですよね~

水は減量に必要ですし、
むしろ、水は太るという間違った認識で
水分補給を制限してしまうことは危険です!

「喉が渇いた」と感じたときには
すでに脱水症状の初期と言われています。

「減量のために」と、
喉が渇いているのに水分補給を我慢するのは
体質に悪いだけなんです。

夏の熱中症だけではなく、
水分不足(サウナに入っても水を飲まないなど)の状態が続けば、
血液がドロドロになって流れが悪くなります。

血液がドロドロになれば血栓ができやすくなり、
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

減量のためにも、健康のためにも、
水分補給が毎日の生活で欠かせないわけですが、
飲み物を間違えると、減量の障害になってしまいます。

減量を意識して、
今までの水分補給のしかたを見直しましょう。

まず、スポーツドリンクなども含め、
糖質を含んだ清涼飲料水は避けるべきです。

減量を目指しているのであれば、
たまに飲む程度ならともかく、
毎日のように、清涼飲料水で水分補給していると、
糖尿病のリスクも上がります。

減量コーラなど、
血糖値をあまり上げない人工甘味料を使用している飲料は
一見問題が無さそうですが、その強い甘さの味覚に慣れてしまうと、
ほかのご飯でも、同等かそれ以上の甘味でないと
物足りなさを感じることがあるので、要注意ですよ!

今日は、ここまで。


皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療

皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療

★メニュー

神奈川の美容外科を利用してレーシック
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
美容皮フ科でレーザー治療
非常に丈夫な歯を作るインプラント
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢を実現!最新の美容整形ガイド