世界的にも注目されている湘南美容外科クリニックの医師募集情報をご案内しています。
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック

医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック



医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニックブログ:2016年04月01日


日本語には、
「腹」を使う表現がいろいろありますよね。

「腹を決める」(決心する)、
「腹が据わる」(度胸がある)、
「太っ腹」(度量が広い)、
「腹を切る」(責任をとって辞める)などなど‥‥

このように昔からある
「腹」にまつわる表現を見るにつけ、
腹は、気持ちや考え、度胸、姿勢などを左右する
大切なからだの部位だということが再確認できます。

皆様は、いかがでしょう?
気分がすっきりして、姿勢もよいときは、
知らないうちに腹にキュっと適度な力が入っているのでは?

反対に気持ちが萎えて、
なんとなく前屈みになってしまっているような時は、
腹から力が抜けてしまっているのではないでしょうか?

腹に力を入れるには、腹筋を使います。
でも、年齢とともに腹筋は衰えてしまいます。

下っ腹がポッコリと出てしまったり、
腹圧が弱くて便秘がちになったりするのも、
腹筋の衰えが原因のひとつにあげられるようです。

「腹を割る」まで腹筋を鍛える必要はありませんが、
健康的で快適な連日を過ごすためには、
日頃から腹筋を意識して使うようにしたいものですね。

ただし、急に激しい体操をしては、
かえってこしなどを痛めてしまうこともあります。

それよりも、
連日、家事や仕事をするときにおへその少し下辺りを意識して、
腹をキュッと引き締めるようにしたり、
ゆっくりと腹式呼吸を繰り返したりするだけでも、
しっかりと腹筋を使うことができますよ。

もちろん、
簡単な腹筋体操もおすすめします。
テレビを見ながら、あるいは24時寝る前などに
少しずつやってみましょう。

医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック

医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック

★メニュー

神奈川の美容外科を利用してレーシック
米国のアラガン製ボトックスを使用した人気のプチ整形
皮膚のニキビに対する治療後に正しくニキビ跡の治療
医師募集を探しているなら湘南美容外科クリニック
注射リフトは品川にある優良美容外科を利用
美容皮フ科でレーザー治療
非常に丈夫な歯を作るインプラント
ホワイトニングはいわゆる歯科とは異なる
皮膚美人を目指す!肌の若返りを実現
ケミカルピーリングで美肌若返り


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)夢を実現!最新の美容整形ガイド