何事にも原因があるように美容にも原因があり、まずはそれを対策する方法を見つけなければ同じ繰り返しになってしまいます。
インターネットで公開されている対策方法の中には間違った情報もありますのでご注意ください。 歯根ごと歯を失ってしまった時には、歯周病や虫歯などといった症状により、天然の歯根に代わるものが必要です。
人工歯根=インプラントが、その役目を果たしてくれます。

 

主にチタンという金属で形成されている人工的な歯がそもそもインプラントと呼ばれているものです。
固定されることで強い力がかかっても耐えることができ、チタンは骨との結合が強いのです。歯冠の下の歯根部分があごの骨に埋め込まれてしまっていることから健康な歯が動かなくなってしまう原因となっています。
一本の歯というのは、歯冠と歯根が合わさって出来ているのです。



非常に丈夫な歯を作るインプラントブログ:2018年10月18日

昨日、実家の片づけをしていたところ、
ママが昔着ていた洋服がたくさん出てきたので、
もらってきました。

おいらのママが若かった1960年代というのは、
ミニスカートが大流行したりして、
とってもおしゃれだったようですね。

ママの若いころの写真を見ると、
昔の映画や雑誌に出てきそうな洋服を着ていて、
今から見ても結構イケてます。

それに、
そのころは洋服も大量生産ではなかったようで、
ママの服も洋服屋さんや知り合いに縫ってもらった
手作りの服がほとんどです。

生地やボタンもとっても凝っていて、
今、同じものを買おうとするとおいらには
とても手が出ないんじゃないかなぁ…と思います。

おいらは息子のころから、
ママのそんな洋服が大好きでした。

ママは仕事もしていたし、
3人の息子がいましたから、
普段は仕事や家事に追われて、
服装にもかまっていられなかったようですが…

幼稚園の運動会とか遠足、家族でお出かけなんていうときは、
おいらの大好きなワンピースやスーツを着てくれるので、
とてもうれしかったのを覚えています。

ママとお揃いの生地でつくった洋服も何枚かあって、
そんな服を着た日はうれしくて大はしゃぎしていました。

ママの洋服を見ているとそんなことをいろいろ思い出して、
「あぁおいらってママのことが大好きだったんだなぁ」
と改めて思いました。

その中には
ママとお揃いだった洋服もありました。
それはもう今ではシミだらけで着ることはできないのですが、
あまりにも大好きなので、捨てるに捨てられず…

こうしてガラクタがたまっていくんだなぁ…と思いつつも、
この服だけはずっと手元に置いておこう!と
おいらは思っています。


このページの先頭へ戻る